正しいジョギングの仕方

健康になる為の正しいジョギングの仕方。

それは、最も効率を高めることで、足腰の障害リスクを減らし

走れば走るほど健康になる走り方です。

ポイントは重心移動。

立って動かない時は、身体の重心は支えている両足の中(基底面)に位置し身体は垂直です。

飛び込みや野球のヘッドスライディングの様な思いっきりスピードをつける時などは

身体はほぼ水平状態になります。

つまり止まっている時は身体は垂直、最もスピードを出す時は水平になるわけです。

ジョギングのスピードは一般的に歩きよりもやや速い程度ですが

身体全体を前方にやや倒す様にすると身体の重心が前に移動し

身体はバランスを失って倒れようとします。

そのまま放っておけば転倒してしまいますので

どちらか一方の足が反射的に出て

身体を支えようとするわけです。

そしてまた前に出して支えた足を重心が越えれば、また身体は前に倒れようとしますので

もう片方の足が反射的に前に出るわけで、その繰り返しになります。

要は、身体が倒れようとすることを利用して

反射的に左右交互に足が出て走りにつながっていくわけです。

スピードはこの倒れようとする

身体の前傾角度に依存されます。

ゆっくり走る時は、前傾角度が浅く

スピードを上げるにつれ前傾角度が強くなっていくわけです。

もちろん着地はいつの時も重心の真下辺りです。

大まかな内容はこの様なことですが

細かなところでは注意点があります。

注意点を上げますと

・身体の重心を崩す事で重力を最大限利用し、脚力で走ろうとしない。

・着地は重心の真下付近。=ストライドを意識的に大きくしようとしない。

・「かかと」からの着地を意識しない。=自然の着地に任せる。

・着地後、反対の足が出る時、着いている足の前足部(つま先)に力を入れて蹴らない。

 =足首の力を抜く。

・上体を垂直に起こさない。(重心を後ろに戻してしまう働きが生じてしまう)

・腕の振りは自然に任せる。(反射的に出る足の反応を阻害してしまう)

 =脚力で走る事を助長してしまう。

・加速は身体の前傾角度を強くする事と、股関節の進展による「送り」で行う。

などがあげられます。

走るにあたって、脚や腕の筋力を使って走ろうとしてはいけません。

筋力で走るやり方は、心肺機能に負担をかけ心拍数を不必要に上げてしまい、

ちょっと走っただけで息が上がり疲れてしまいます。

また、前足部で蹴ってしまうと、膝から下の筋肉を多く使う様になり

無駄に太くなるばかりではなく「重り」となって疲れ易くなってしまいます。

そして、シンスプリントやアキレス腱炎、足底腱膜炎、中足骨の疲労骨折など

障害を引き起こし易くなります。

疲労すると「やった感」「達成感」は有りますが、それは身体をいじめているだけで自己満足に過ぎなく

健康とは程遠いものになってしまいます。

健康の為の正しい「ジョギング」とは

・疲れないでいつまでも走れる走り方。

・同じスピードでの走りで比べた時、いかに心拍数を上げないで走れるか。

・走った後は、動き易く身体が軽快になる。

・ふくらはぎの張りなど一部の筋肉に疲労感を感じない。

などが上げられます。

キーワードは、「筋力」ではなく「重力」の最大限の利用です。

みなさん、是非健康になる走り方をされてください♬

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

トレーニング 、フィジカル、パフォーマンス、体力、筋力、持久力、パワー、スキル、脱力、筋トレ、軸、体幹軸、スポーツ障害、リハビリ、フットワーク、瞬発力、スピード、基本、投球、打つ、

© 2023 by Name of Template.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。