速く走るには?!

速く走るには、上体を起こしてはいけません!

前方への重心移動を戻す方向に働き前に進み難くなります。

その上、着地時には大腿四頭筋、送り時にはハムストリングスや腰部に多大な負荷がかかります。

速く走るには、膝を高く上げてはいけません!

上体を起こしてしまううえに、後ろへの送りが甘くなります。

また、前方への重心移動を妨げてしまいます。

速く走るには、つま先で蹴ろうとしてはいけません!

身体全体を起こす方向に働き、前方への重心移動を妨げます。

ましてや、ふくらはぎが太く重りになったり、足部の障害を起こします。

逆に足首や前足部の力を抜くことによって推進力が生まれます。

速く走るには、ストライドを大きくしようとしてはいけません!

身体の重心が、着地した足を越えないと体は前に進みません。

よって、重心が着地し支えた足を越える時間がロスとなり、スピードが落ちてしまいます。

着地は重心の真下に来る様に着きましょう。

速く走るには、飛び跳ねる様に走ってはいけません!

頭の位置が上下に動く様な走りになりロスを生みます。

速く走るには、腕を速く振ろうとしてはいけません!

バランスの崩しで重力を使い、前方移動をするにあたって

反射的に出る脚の動きを阻害してしまいます。

速く走るには、上記を踏まえたうえに体幹走りが最も推奨されます。

関連記事

短距離走が速くなるコツ!!⑴

短距離走が速くなるコツ!!⑵

短距離走が速くなるコツ!!⑶

短距離走が速くなるコツ!!⑷

体幹軸とは?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

トレーニング 、フィジカル、パフォーマンス、体力、筋力、持久力、パワー、スキル、脱力、筋トレ、軸、体幹軸、スポーツ障害、リハビリ、フットワーク、瞬発力、スピード、基本、投球、打つ、

© 2023 by Name of Template.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。