May 14, 2018

下半身からの連動があるものの、けっして「肩」で投げるものではありません。 投球の時、結果的に肩の可動は他の関節より大きくなりますが 体幹軸で投げるという事は、体幹軸を中心に体幹から動き 腕は遅れて円運動で動かす事でボールを投げるという事です。 もちろん重力を最大限使った下半身による重心移動は言うまでもありません。 体幹軸で投げると肩甲上腕関節で投げるよりアームの長さが長くなり、 遠心力がより働くようになります。 けっして腕を後ろに引きボールを前に放るといった単純な動きではありません。 それは単なる手投げになってしまうからです...

Please reload

特集記事

短距離走をもっと速く走るには!

August 31, 2018

1/6
Please reload

最新記事

February 2, 2018

January 26, 2018

August 18, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square