August 31, 2018

短距離走で、クラウチングスタートを行い前半は加速、スピードを一気に上げるものの、後半特に最後の数十メートルが気持ちとは裏腹にスピードが乗らず「もがく」感じになった事は有りませんか? 特に周りと競っている時などは、それから抜け出す為に、もう少しスピードの乗りが欲しいもの。 しかしながら、そんな気持ちとは裏腹に頑張って走っているのに思う様にスピードが出てくれない。。。

May 14, 2018

下半身からの連動があるものの、けっして「肩」で投げるものではありません。 投球の時、結果的に肩の可動は他の関節より大きくなりますが 体幹軸で投げるという事は、体幹軸を中心に体幹から動き 腕は遅れて円運動で動かす事でボールを投げるという事です。 もちろん重力を最大限使った下半身による重心移動は言うまでもありません。 体幹軸で投げると肩甲上腕関節で投げるよりアームの長さが長くなり、 遠心力がより働くようになります。 けっして腕を後ろに引きボールを前に放るといった単純な動きではありません。 それは単なる手投げになってしまうからです...

March 16, 2018

立って動かない時は、身体の重心は支えている両足の中(基底面)に位置し身体は垂直です。 飛び込みや野球のヘッドスライディングの様な思いっきりスピードをつける時などは身体はほぼ水平状態になります。 つまり止まっている時は身体は垂直、最もスピードを出す時は水平になるわけです。 ジョギングのスピードは一般的に歩きよりもやや速い程度ですが身体全体を前方にやや倒す様にすると身体の重心が前に移動し身体はバランスを失って倒れようと・・・

March 11, 2018

テニスでのショットは、どのショットであれ「円運動」の中にあるということが最大のポイントです。 円運動とは体幹軸を中心に動かす事になります。 それは、 テイクバックも体幹軸から動かし、腕は「8の字」を描く様な動きで遅れて着いて来る事によって 「タメ」が出来ます。 テイクバックから切り返してラケットを前に振る際も 体幹軸から先行しなければ・・・

February 2, 2018

走りには、普通の走りと、体幹軸走りが有るのをご存知でしょうか? 「普通の走り」とは 一般的に行われる右腕が前に出た時は、左脚が前に出る走りです。 左腕が前に出た時は右脚が前に出ます。 この走り方は、最も一般的で体幹、つまり上半身は全く動きません。 つまり、腕と脚で走る形になります。 野球で言うなら、手投げ。 テニスで言うなら、手打ち状態です。 これに対して 「体幹軸走り」は 体幹の中にある軸(背骨ではありません)から動く走り方になります。 顔は動きません。 体幹軸で走る場合、体幹軸を中心に腕の代わりに肩が振られます。 肩が振られ...

January 26, 2018

速く走るには、上体を起こしてはいけません! 前方への重心移動を戻す方向に働き前に進み難くなります。 その上、着地時には大腿四頭筋、送り時にはハムストリングスや腰部に多大な負荷がかかります。 速く走るには、膝を高く上げてはいけません! 上体を起こしてしまううえに、後ろへの送りが甘くなります。 また、前方への重心移動を妨げて・・・

January 15, 2018

一つは「アライメント不良」 足の形が悪くどうしても負担がかかってしまうタイプ(主に回内足)です。 これはインソールをメインにテーピングなどで補正しなければ、 体重を掛けるだけで負担がかかるタイプです。 特に足裏全体に体重を掛けた時にスネの内側が痛くなるタイプの人は、 アライメント不良によるものです。 もう一つの原因として最も多いのが「使い方」です。 これは前足部、つまりつま先で蹴って走ったり跳んだりするタイプの人です。 勿論両方がミックスされて痛みが出ている方もいます。

September 1, 2017

速く走るには体力よりもコツが大切です。 走るとは重心移動です。 重心移動を効率よくやるには重力を上手に使い、筋力依存を最小限に抑えることです。 それがパフォーマンスを上げるコツとなります。 ちょうどゆるい下りの坂道で走った時にスピードが乗り易く疲れにくいのと同じです。 倒れようとする力を利用すること、バランスを崩すことで脚は反射的に出ていきます。 そして腕はバランスを取る様に自然に振られる様になります。 重力を使わず脚力(筋力)で走っている人は、腕を意識的に振ることによって少しは速くなるかもしれませんが…

August 18, 2017

ボールを投げる基本は体幹軸で投げることです。 体幹軸からの動きが左右の腕の動きにも直結します。 それに対して軸を作らず、肩甲上腕関節をメインとした投球はパフォーマンスが上がらないばかりではなく肩関節を壊してしまいます。 違う言い方をすれば、ボールを引いて、あるいは肘を引いて前に腕を振りボールを放る様な投げ方はいけな…

July 15, 2017

「体幹のインナーマッスルを鍛える」ということで体幹に力を入れ、一定の姿勢を保持して耐えるエクササイズが多くあります。辛いエクササイズであればあるほど達成感はありますが、そういったトレーニングと体幹軸を上手く使え体幹を安定させるようになるエクササイズとはとは別になります。 体幹の筋力強化と、体幹を上手く使えるようになるの…

Please reload